令和2年7月豪雨による被災世帯に対する生活福祉資金(緊急小口資金)の特例貸付について

福岡県社会福祉協議会では、令和2年7月の豪雨により被災された皆様へ、生活福祉資金(緊急小口資金)の特例貸付を実施しています。(※福岡県社会福祉協議会が審査・決定をしています。)

なお、ご相談はコロナウイルス感染拡大防止のため、電話での事前予約をお願いいたします。

 

【貸付対象】

令和2年7月豪雨により被災した大牟田市他17市町村に住所を有し、かつ、被災された方で当座の生活費を必要とする世帯

 

【貸付金額】

 10万円以内

※以下のいずれかの条件を満たす場合は、20万円以内

①世帯員の中に亡くなられた方がいるとき

②世帯員に要介護者がいる場合

③4人以上の世帯である場合

④世帯員に重傷者、妊産婦、学齢児童がいる場合

 

【必要書類】

① 本人及び住所の確認ができるもの(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)

② 被災したことがわかる書類(罹災証明書、罹災届出証明書、被災証明書など)

③ 預貯金通帳又はキャッシュカード(貸付金振込先の口座が確認できるもの)

④ 印鑑(印鑑がない場合は拇印でも可)

※ 必要な書類等については、貸付窓口において相談に応じます。

 

【償還について】

利子     無利子

据置期間   1年以内

償還期限   据置期間経過後2年以内

連帯保証人  不要

【相談受付について】

貸付に関するご相談は、コロナウイルス感染拡大防止のため事前予約をお願いします。

まずは、下記の電話番号にご連絡ください。